パソコンを使った文章のやり取りには欠かせない。アドビアクロバットリーダー

 

あなたは、メールなどを使って文章ファイルを他人に送ったことはありますか?ワードやエクセルで作成したファイルは、同じソフトか互換性のあるソフトがパソコンに入っていないと読めません。

 

また、ワードやエクセルのファイルをそのまま送信すると、自由に編集できるため通達事項や回覧には向きません。

PDFは理解するだけで、職場や家庭でのパソコンを使った文章のやり取りが楽になります。

 

今回はadobe社が開発したPDFの活用方法について調べてみたいと思います。


スポンサードリンク

 

知らないと損!アドビアクロバットリーダーの使い方

メールなどで、文章ファイルを送る時に気をつけないといけないことは、相手がどんな機械でファイルを開くのかわからないことです。

自宅や職場ならWindowsPCやmacPC、外出先ならAndroidスマートフォンかiPhone。ゲーム機などをパソコン代わりに使っているひともいるくらいです。

PDFはアクロバットリーダーというadobe社の無料配布のソフトがあれば、どのパソコンでも読めるファイル形式です。PDFは基本的に読み取り専用のため、作成者の意図しない編集ができません。

PDFはほとんどの機器で読み取れるファイル形式です。そのため、プリンターなどについているスキャナから作られるファイルの形式の一つでもあります。

この機能で無料?!スキャナアプリAdobe Scan

製本されている文章を、プリンターなどについているスキャナでスキャンするのはけっこう大変です。製本されていると、読み取り面に隙間ができるので一部分が黒くなってしまったり、ゆがんで読み取ってしまったり失敗も多いです。

スポンサードリンク

adobe scanはadobe社が提供するスマートフォン用の無料アプリです。スマホから写真を取る感覚でスキャンができます。そのためスキャナのように一部分が暗くなることもありません。

adobe scanにはゆがみ補正機能があります。撮影する角度がわるくても後で真っ直ぐに補正して保存ができます。OCR機能という文字を解析して文字情報としてPDFに埋め込む機能もあるので、adobe scanで作成したPDFは文字の検索も可能です。

◆ Adobe社の偉業「アドビフラッシュプレーヤー」が終了

Adobe社には、もう一つの偉業「アドビフラッシュプレーヤー」というソフトウェアがあります。これはホームページ上で短い動画やアニメーションを表現するflashという規格を再生するためのソフトウェアです。

「アドビフラッシュプレーヤー」も「アドビアクロバットリーダー」同様無償配布されているソフトウェアです。しかし、スマートフォンではflashが再生できないなどの理由から2020年に廃止される予定です。

今も企業などのパソコン向けホームページではflashをつかったものが多くあります。flashという規格は、ホームページの一時代を築いたadobe社の偉業の一つと言えます。

PDFはホームページでもよく使われています。政府や役所からの文章がPDFで検索されるのを最近ではよく見かけます。

最近のブラウザでは標準でアクロバットリーダーの機能が備わっているモノが多いため、わざわざインストールする必要もありません。

PDFはそれと気づかないほど、身の回りにたくさん使われています。理解するだけで、職場や家庭でのパソコンの使い方もかわると思います。

 

公式サイトはこちら

 

 

 

 



Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jamk/atsboss.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントを書く


 * 当サイトは掲載企業の公式サイトではありませんのでお問い合わせ等に関してはこちらではお答えすることが出来ません。 予約の確認やキャンセル、解約などお問い合わせに関しては、直接公式サイトのサポートページにお問い合わせください。↑↑↑ 







コメント内容


商品一覧