手数料が安い!大和証券の「ファンドラップ・オンライン」

あなたは資産運用を始めていますか?日本人は世界的にどちらかと言うと投資などの資産運用に後ろ向きといえます。バブル時代の経験からか株や為替の取引をギャンブルと同列に考え、投資に手をだすと大きな借金を背負うリスクがあると思い込んでいる人もいます。

退職金や、お子さんの教育資金などの大きな資金をただ貯蓄するだけなのは、かなりもったいないと思います。

しかし投資経験の少ない人が、いきなり大きな金額を自分で運用するのは大きなリスクがあります。ファンドラップは資産の運用をプロに任せることができるため、初心者でも安心して行える投資です。

今回はファンドラップを日本で初めて広めた大和証券を調べてみたいと思います。


スポンサードリンク

 

人気の資産運用ファンドラップのメリット・デメリット

低いリスクでの資産運用として投資信託があります。投資信託は顧客の資金を専門家が国内外の株式や債権で運用し利益を顧客に分配するといったものです。

顧客はファンドや運用方針を決めるだけで良いので写真者に向いているといわれていますが、実際にファンドや運用方針を問われても初心者がわかるはずもありません。

ファンドラップはプロが投資信託そのものを組み合わせて運用するので、ファンドなどを選択する必要もありません。顧客は資金をプロに丸投げして運用してもらえるというメリットがあります。

しかし、ファンドラップのデメリットとして手数料の高さと、運用する資金が300万円以上からなどと敷居が高いことがありました。大和証券の新たなファンドラップ「ダイワファンドラップ・オンライン」ではこのデメリットが克服されています。

スポンサードリンク

● 手数料の安さが魅力!ダイワファンドラップ・オンライン

通常のファンドラップの手数料は、投資顧問料と取引管理手数料、消費税、投資信託の信託報酬がそれぞれ必要で、合わせて年率3%以上あるものが多くあります。それに対して大和証券の「ダイワファンドラップ・オンライン」では合計でも1.315%と低いことがメリットです。

「ダイワファンドラップ・オンライン」はホームページからログインすることで完結する申込みのため、価格を安くおさえられています。人工知能(AI)を利用したロボットアドバイザーでの投資診断を行うことも安さの理由です。運用する資金も50万円から可能なので、気軽に申し込めます。

 ダイワファンドラップ・オンラインの手続きはホームページから簡単

ダイワファンドラップに申し込むには大和証券に口座が必要ですが、口座開設はパソコンやスマホでホームページから申し込めます。パソコンなら3日程度、スマホからなら最短1日で口座開設が可能です。

大和証券の口座開設には費用はかかりません。口座維持手数料もいらないので、安心して口座を持つことができます。

大和証券の新しいファンドラップ「ダイワファンドラップ・オンライン」は人工知能(AI)のロボアドバイザーを活用することで、人件費がおさえられるため、通常のファンドラップとくらべて安く資産運用ができることがメリットです。

大和証券のホームページからログインすると、ファンドラップオンラインの人工知能(AI)による無料シミュレーションが受けられます。口座開設には費用がかからず、維持費もいりません。

あなたも、銀行に眠らせている資金があれば大和証券に口座を開設して、人工知能(AI)による無料の資産運用シミュレーションを試してみるのはいかがでしょうか?

 

公式サイトはこちら



Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jamk/atsboss.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントを書く


 * 当サイトは掲載企業の公式サイトではありませんのでお問い合わせ等に関してはこちらではお答えすることが出来ません。 予約の確認やキャンセル、解約などお問い合わせに関しては、直接公式サイトのサポートページにお問い合わせください。↑↑↑ 







コメント内容