.

ポンパレ、クーポンを撤退。越境通販サイト強化へ

WS000313

あなたはポンパレというクーポンサイトを知っていますか?じゃらんや、ホットペッパー、ゼクシィなどのリクルートライフスタイルが2010年から運営している割引チケットを購入できるサイトです。

同サイトは2017年5月15日より新規のクーポンの取扱を中止することを発表しました。今まで割引クーポンはポンパレを中心に取り扱っていましたが、今後は旅行なら「じゃらん」、コスメや飲食なら「ホットペッパー」というように既存サービスで提携していく方針です。

スポンサードリンク

 

ポンパレのサイトを確認してみましたが、いつもなら東京や、関西など地域ごとにクーポンがびっしりしていたサイトも、「現在販売中のチケットはありません」との表示があるだけでした。しかし、ポンパレの姉妹サイト「ポンパレモール」は逆にサービスをさらに拡充するようです。今回はAmazonや楽天などのようなリクルートのECサイト「ポンパレモール」を調べていきたいと思います。

 

リクルートのポンパレモール、Amazonや楽天との違いは?

ポンパレモールはAmazonや楽天と比べると、品ぞろえや会員数は劣るものの上手に使い分けることによってメリットの大きい通販サイトです。その独特の販売手法をご紹介します。

 

ポンパレモールには最低価格保証商品が日替わりで登場します。最低価格保証で特集されている商品の中からAmazon,楽天市場、ヤフーショッピングより価格が高いものがあったとしたら、その差額分をポイントで返金するという強気のサービスです。

 

ポンパレモールには最低保証の他にも、最大50%オフになる限定クーポンが利用できる商品や送料無料の商品などユニークな商品がたくさんあります。

 

ポンパレモールでポンタポイントの2重取りをしよう

楽天だと、楽天スーパーポイント、ヤフーショッピングだとTポイントといったように、ポンパレモールポンタポイントをためることも使うこともできます。

スポンサードリンク

 

Amazonポイントというものもありますが、あまりポイントをためられませんし他にも使えないので、ポイント面においてAmazonはメリットが少ないですね。

 

ポンパレで買い物をすると通常3%のポイント還元があります。これだけでもすごいのですが、商品によっては20%もの高還元率の商品もあります。さらに、リクルートカードというクレジットカードで支払いをすると最大4.2%が追加されます。

 

ポンパレモールの出品者は越境ECのeBayにも出品可能に

2017年は越境ECと呼ばれる海外にも取引が可能なサービスを強化すると発表しています。昨年2016年には「eBay」、「京東(ジンドン)」、「天猫商城(Tモール)」などにもポンパレモール出品者が取引できる仕組みを構築しています。

 

出品業者に向けて翻訳、決済、物流などをポンパレが代行するようなかたちで、現在のところ日本から海外向けに発信する取り組みを行っていますが、近い将来海外の良い商品が日本向けに直売される日も近いかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

 

ポンパレモールポンタポイントが利用できて、ポイント還元率が最大20%と高い商品やクーポン利用で最大50%オフになる商品などユニークな販売手法をとっています。

 

Amazonや楽天、ヤフーショッピングでポンパレ商品の最低価格保証の商品よりも安い商品があればポイントで差額分を返金するという強気の商品まであります。

 

ネットで欲しいものがある場合はAmazonや楽天で買う前にポンパレモールをチェックしてみるのはいかがでしょうか?

 

ポンパレモール 公式ホームページ 

https://www.ponparemall.com/

 

 

 

 

 

 

 



Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/jamk/atsboss.com/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

コメントを書く


 * 当サイトは掲載企業の公式サイトではありませんのでお問い合わせ等に関してはこちらではお答えすることが出来ません。 予約の確認やキャンセル、解約などお問い合わせに関しては、直接公式サイトのサポートページにお問い合わせください。↑↑↑ 







コメント内容


商品一覧