海外旅行の選び方徹底研究

家族旅行の企画、立案などはあなたの過程では誰がやりますか?我が家ではもっぱら妻が行います。

妻は私よりも旅行経験があり、学生時代友達などと海外旅行も何度も行ったことがあり、対して私は妻との新婚旅行でパリに行ったくらいしか経験がありません。

いつもは妻に任せきりの旅行プランですが、たまには私が立ててみようと思い立って、まずはパソコンでどんな旅行プランがあるのか調べてみようと思いました。

海外旅行もいいなと思いますが、予算の実権は大蔵卿である我が妻が握っているのでなるべく予算も抑えて、大蔵卿にお伺いをたてねばなりません。

いざ調べようと思うととんでもない情報量に埋もれてしまいそうになりました。一旦情報を整理してみないと前に進めそうにないので、一から調べてみようと思います。

分析旅行プランの選び方

まず海外旅行をするためには航空券を取らなければなりません。昔のイメージだとJALかANAの二者択一でしたが、現在は国内旅行、海外旅行問わずたくさんの航空会社が存在します。大手2社の他にLCCと呼ばれる格安航空会社が存在します。特にLCCはホームページ等で予約ができる他ホテルや空港からホテルまでの送迎までついていることがあります。

旅慣れた人なら航空会社や宿泊先を自分で選んでオリジナルの観光をするのでしょうが、私のような初心者は航空券を手配できても、行った先で何をしていいのかわかりません。

そういった人には旅行会社を使うことがおすすめです。

旅行会社は1万社以上。格安海外ツアーはHIS

現在、日本旅行業協会加盟している旅行会社は旅行業者代理業を含めて10,145社あります。その中でも一般的にツアーと呼ばれる募集型企画旅行を扱うことができる第1種旅行業に登録されているのは701社です。

インターネット上では募集型、非募集型を問わず様々なツアーがそれぞれの会社から提案されています。その中でも格安海外ツアー最大手とされているのがHIS(エイチ・アイ・エスです。

旅行会社を使う上でのメリットとしては、大まかな観光先と予定が決められていて、航空券、現地での移動手段など自分で手配することなく旅行会社におまかせできることです。

先に述べた自分でLCCを手配する方法だと、トラブルにあった場合でもすべて自分で処理しなければなりませんが、旅行会社のツアーだと現地のスタッフや添乗員が対処してくれるので安心です。

旅行中のトラブルにも対応安心のHIS

の店舗は全国で296店舗、海外141都市にも232の拠点があります。サポートはツアーを申し込んだ人だけではなく、HISでホテル予約か航空券を購入しただけでも受けることができます。

トラブル発生時には24時間日本語でのサポートが受けられます。トラブルだけではなく、現地でのツアーの申し込みや、お店の案内や交通機関の案内もしてくれます。

私のように旅に不慣れな人間はまずは旅行会社のプランを申し込んで、現地のオプショナルツアーなどに参加して経験値を積んでみようと思います。

HISの格安ツアーならば大蔵卿の我が妻のお許しも必ず出るはずです。あなたも初めての旅行先などにはHIS格安ツアーから初めて見るのはいかがでしょうか?

 

 HIS 公式ホームページ 

 

 よくある質問はこちらから 

 


コメント4件

コメントを書く







コメント内容